Event is FINISHED

母集団を集め、母集団の質を高める学生集客方法を考える。採用学研究会

Description
インターンシップが本選考につながらない
選考辞退、内定辞退など
「母集団形成」と双璧をなす新卒採用における
2大課題の1つが『歩留まり』ではないでしょうか。


自社に興味を持ってくれた学生が
しっかりと選考に進み
最終的に働きたいと思ってもらうためには
絶対に押さえておかなければならないことがあります。


そのポイントとは

・学生に興味を持たせる
・学生の不安を払拭する

この2点がポイントなのです。


多くの企業が、『興味付け』だけに終始し
不安を払拭するためのアプローチを
実施することができていません。

また、興味付けだけのアプローチでは
なかなか他社との差別化を図ることができず
学生たちにも魅力が伝わりづらい、という点があります。


また、学生へのアプローチ方法も
しっかりと考えていかなければなりません。


これはとある就職活動生のリアルな声です。

〜青山学院大学 経済学部男子学生(人材会社入社予定)〜
就職活動を3ヶ月やってきて、企業がアピールしたい
ポイントがある程度わかってきました。

「成長」「明るい職場」「フラットな社風」
この3点を言葉を変えたり、魅せ方を変えたりして
伝えようとしているんだなと思っています。

けど、全然イメージが湧かなかったのが本音です。


〜慶応大学 女子学生(金融機関入社予定)〜
銀行を含めて金融関連の会社から
4社内定をもらいました。

正直、どこの会社にするか決めたのは
面接官と人事の方の印象が最も大きいです。

ナビサイトや採用ページを見ても
どこも似たり寄ったりで
違いがわからなかったので。

ただ、親に相談したら、親が内定先のことを
色々と調べてくれて
親の一言が決め手で会社を決めました。


〜明治大学 男子学生(ITベンチャー入社予定)〜
グローバルとか、成長とか
メッセージにはすごく共感して
響いた会社はとにかくエントリーしました。

けど、この会社で働きたいと
最初から思えた会社は
あまり多くなかったですね。

良いことしか書いていないので
職場の雰囲気とか、どんな人が働いてるのかとか
その辺は選考で社員の方に会うまで
わからなかったので。

事前にそういったことがわかっていれば
選考の準備も変わったのですが。。。
けどまぁ、内定先は満足しているので。



また、学生にインタビューをした結果
最後に内定承諾を決めた会社の
ナビサイトや採用ページを
複数回見ている学生は100%でした。


つまり、アプローチのチャンスは
ここをいかに活用するかが大切なのです。


面接やリクルーターとの
社員との接触する時間は
『ヒト』にフォーカスをして
魅力を伝えることが大切です。

学生たちも、社員との話を
しっかりと覚えている学生は
ほとんどおらず、雰囲気に流されています。


しかし、ナビサイト等の
Web上での情報は
複数回、継続的に見ているにも関わらず
学生の興味付け、不安の払拭する
役割を果たしきれていないのが実情なのです。


自社の理解をしっかりと行い
興味を持つ、不安を払拭すること

また、学生自身が自分で会社のマッチングを
図れる情報の訴求を行う
『自己選抜』を機能させることが
情報を訴求する意味なのです。



貴社の伝えている情報は学生に

刺さっていますか?
伝わっていますか?
理解してもらっていますか?


歩留まりを改善する
情報訴求の内容と方法を
一緒に考えていきましょう。

しっかりと設計し
学生に届く情報訴求ができれば
貴社の歩留まりは大きく改善します。


==== 採用学×レプモス概要とお申込み方法について =====

◆日時
 2015年1月25日(月)19:00~21:00
  ※遅刻・途中退席可。
  ※当日資料のご送付は今回、行っておりません。
 
◆会場
コクヨホール
東京都港区港南1丁目8番35号

◆アクセス
品川駅港南口(東口)徒歩5分

※正面玄関は17:30以降、閉まってしまいます。
到着されましたら、正面玄関からコクヨ敷地内を
左手(SONYさん側)に進んでいただきますと
担当の者が、扉を開けてご案内いたします。


◆当日のプログラム
これからの採用を変える採用マーケティング論
・採用学研究所より
 『母集団を育てるWebサイト・Web情報の使い方』
・参加者ワークショップ・ディスカッション
  - 新しい募集の形を考える。自社が欲しい人材はどこにいる?

◆参加チケット
 研究会参加チケット 無料 
※当日参加が難しかった方には、資料を後日お送りいたします。

◆定員:30名
※お申込み多数の際は、先着順とさせていただきます。
お早めにお申込みください。

◆お申込み方法
 本ページからお申込みください。
※Peratixからのお申込みが難しい方は、
事務局(kenkyukai@business-research-lab.com)へご連絡ください。

◆講師紹介
笹田 裕嗣 氏(採用学研究所 研究員)
新卒で人材会社に入社後、半年でトップの成績を達成。
その後、新規事業の立ち上げで新卒イベント等を定期的に実施。
年間1,000名以上の学生と出会い、就活支援に尽力。
その後、現職に移り、研究と企業のマッチングを図るべく活動している。


◆ご参加にあたってのお願い
本研究会の様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影
ストリーミング配信をさせていただく可能性があります。
写真・動画は企画者・協力機関が関与するウェブサイト等の
広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。
マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。
ご参加に際しては、上記をあらかじめご了承ください。

◆主催
採用学研究所
事務局:株式会社ビジネスリサーチラボ
 電話番号:03-6455-7020     
 メールアドレス:kenkyukai@business-research-lab.com


〜採用学研究所とは〜
採用学研究所とは、横浜国立大学の服部先生をリーダーに据え
ビジネスリサーチラボと共同で行っている取り組みです。

採用学という言葉も、最初からあったわけではなく
「採用の非効率」「ミスマッチ」といった採用活動に関する
多くの課題や問題、悩みを、研究者の目線で解決する場・方法はないかと
いうところから始まったプロジェクトでした。

今では多くの方に少しずつ認知いただけ始めた「採用学」ですが
こうした採用に対する問題を科学的な手法を用いてとらえ、
問題を引き起こす要因を明らかにするために生まれた学問です。

具体的には、社会における採用活動と就職活動を合理化したり、
採用・就職の目的を効率的に達成する手法と
それを支える良質のロジックやエビデンスを提案したりすることを通して
社会に貢献することを目的にしています。

今回のような研究会も、この目的を実現するための1つの手段です。
私たちが研究してきた成果を多くの企業様に知っていただくことで
多くの企業や求職者が「採用・就職」をより効率的に有意義なものに
してもらえればと思っております。


〜ビジネスリサーチラボとは〜
株式会社ビジネスリサーチラボとは、「日本社会に研究を位置づける」
というミッションを実現するために、研究者や現場と手を取り合いながら
研究と現場の距離を縮める活動を行う組織です。

このミッション・事業が生まれた背景は、代表の伊達の経験から
生まれています。元々、伊達は神戸大学大学院で経営学者の卵として
経営組織の研究に取り組んでいました。しかし、実証研究を進める中、
産業界と学術界の距離の遠さに直面し、問題意識を覚えました。

そのような問題意識から生まれた組織がビジネスリサーチラボなのです。
弊社は私たちだけで実現できるビジネスではなく
服部先生のような研究者と、今までも多くのご協力をいただいている
現場・企業様のご協力があって、初めて成り立ちます。

研究会などを通し、現場と研究の距離が一層縮まり
研究を通して、社会の課題を解決できる仕組みを作るべく
私たちは引き続き、邁進してまいります
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-01-21 23:56:33
More updates
Mon Jan 25, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット
Venue Address
東京都港区港南1丁目8番35号 Japan
Directions
品川駅港南口(東口)徒歩5分
Organizer
ビジネスリサーチラボ事務局
1,051 Followers